大
標準
甲州ワイン街道へ
ようこそ
甲州ワイン街道
会員募集中!!

現在のカゴの中

数量0
金額0円

Wine Search ワインを探す

ワイナリー紹介「勝沼醸造」

峡東エリア  >
勝沼醸造
〒409-1313 山梨県甲州市勝沼町下岩崎371
TEL:0553-44-0069
勝沼醸造
勝沼醸造
山梨の葡萄と言えば甲州葡萄。
甲州でつくったワインといえば勝沼醸造。
その人気は県内、国内だけに止まらず、
今、勝沼醸造のファンは世界にいる。
甲州葡萄
甲州葡萄
勝沼醸造におじゃましてまずはじめに
勝沼の歴史、甲州葡萄の歴史について教えていただいた。

日本が豊かな国ではなかった時代。
たくさんの実をつける甲州葡萄は
「豊作の概念」
豊かさの象徴だった。
地域で一丸となり甲州葡萄をつくり
甲州は竹で編んだ籠に入れられ全国へと出荷されていた。
日本全土で清酒が飲まれていた中、
「俺たちは葡萄を作ってるんだから、葡萄酒を飲もう!」
勝沼で愛飲運動が起こる。
冠婚葬祭は湯飲み茶碗に葡萄酒を注ぎ、
おかずはそれぞれの家でつくられた漬物。
けして豪華ではないが、
こだわらずに地産池消が実践されていた時代。
「この酒文化、葡萄酒文化をもう一度復興させたい。」
説明してくださった有賀常務はそうおっしゃっていた。
挑戦すること
挑戦すること
勝沼醸造では様々なことに挑戦している。

葡萄づくりもそうだ。
糖度を上げるために収穫量を調整したり、
甲州だけでなく、シャルドネ種やカベルネソーヴィニヨン種をしかも垣根式で栽培したり、
台木(病気になりにくくするために接木されているが、その根元の木)をかえ、苗木との相性を試したり。

その途中にはたくさんの苦労がある。
いくつかの木に病気が発生し、
その原因が台木との相性ということで
それぞれの苗木に合う台木を探したり、
収穫量を調整したら糖度はある程度上がったが、
目標とする糖度まであと一歩のところで
葡萄がいっさい実をつけなくなり、
やむを得ず葡萄の木を伐採した事もあったそうだ。
もちろん葡萄づくりだけではない。

ワインづくりでは
樽への挑戦をしている。
甲州は樽に入れないほうが良い
とする定説があるという。
昔から食べるためにつくられてきた甲州は
樽にいれてしまうと
どうしても樽の個性に負けてしまう。
それくらい繊細な葡萄なのだ。
しかし、樽を使わないということは熟成を諦めるという事。
熟成タイプのワインをつくってこそワイン屋だ、ということで、
甲州でも樽に負けないように工夫を加える。
葡萄の果汁は冷やすと
糖分の高い部分は凍らず、
より薄く水分の多い部分のみ凍るらしい。
そこを取りのぞいて、樽で熟成させる。
このワインは海外で賞をとるほどの素晴らしいワインとなった。
今はいろいろな地域から採れた木でつくられた樽でワインを仕込みを行い、
その相性を研究している。

ほかにもテロワール(地域や畑によって出る個性)にも挑戦している。
「山梨県産の甲州」ではなく
「山梨県笛吹市伊勢原地区の甲州」といった具合に
地区まで限定して、
それぞれを別に仕込む。
そうすることで様々な人や土地が
甲州葡萄にそれぞれ違った魅力を引き出されていく。

以前、名門ワイングラスブランドであるリーデル社に
「これだけ表現の幅を広くされると、
ひとつのグラスにまとめられない。」
とまで言わせしめるほど、それだけ甲州という葡萄は
たくさんの魅力をもった葡萄でありワインなのだ。
勝沼醸造
勝沼醸造
勝沼醸造の考えるワインとは
葡萄を飲むもので、
その産地の風土性を味わうものだ。

甲州葡萄は1300年、
勝沼の地で愛され、はぐくまれてきた。

この土地でもっとも歴史を刻んだ
甲州葡萄
に着目して白ワインづくりに特化するのが勝沼醸造。

すべての道はローマに繋がっている
という言葉があったが、
勝沼醸造において言えば
すべての情熱は甲州に繋がっている
のではないだろうか。
取材を終えて
取材を終えて
今回取材に行ってきた伊藤です。
勝沼醸造さん、情熱とチャレンジ精神に溢れたワイナリーです。
有賀常務のお話は勝沼や葡萄の歴史から
葡萄の栽培、醸造、
どれも本当に興味深かったです。
先人の知恵も守りつつ、
それでいて既成概念にとらわれない心。
常に今よりも良くなる事を考え、挑戦していく力。
なにより、常務の甲州葡萄とワインに対する愛!
言葉の端々から感じました。
試飲させていただいたワインはどれも本当においしくて、
特にイセハラはすごい!
ちょっと爽やかでとっても華やかで、香りをかぐと
「はぁ~、しあわせ・・・。」
ってなってしまうような・・・。
本当にいい香りなんです。
同じ甲州でもテロワールがはっきり出ていて、
地域別に飲んでみて自分の好みのものを探すのも面白いと思います。

日本のワインを飲むならば、
まずは勝沼醸造の甲州はいかがですか?

ご注文の流れ

ご注文
「カゴに入れる」ボタンをクリックすると「現在のカゴの中」に数量と金額が表示されますので「カゴの中を見る」ボタンをクリックしてください。
お客様情報
「購入手続きへ」ボタンをクリック後、会員登録がお済みの方はログインしてください。登録されていない方は、登録をお願いします。登録せずに購入することも可能です。
購入手続き
お届け先の指定やお支払い方法等をご入力いただきましたら、内容をご確認の上、ご注文完了ページへお進みください。当店より受付確認メールが自動配信されます。
入金・発送
当店で入金確認ができ次第、入金確認メールを配信(代引きは除く)するとともに商品の発送準備を進め、発送が完了しましたら、メールでお知らせいたします。

インフォメーション

お支払いについて

当店では、 《前払い》銀行振込、 代金引換、 クレジット決済(Epsilon)、 《前払い》コンビニ決済(Epsilon)、 をご用意しております。
《前払い》銀行振込
下記の銀行口座にお振り込みください。
振り込み手数料はお客様負担でお願いします。

口座情報
************************
みずほ銀行 甲府支店(408)
普通口座 2874556
武田食品 株式会社
タケダショクヒン (カ
************************
代金引換
▼代金引換額に応じて下記の手数料がかかります。
送料を含みます。
10,000円未満:324円
10,000円以上~30,000円未満:432円
30,000円以上~100,000円未満:648円
100,000円以上~300,000円まで:1,080円
クレジット決済(Epsilon)
クレジットカード決済代行のイプシロン株式会社 の決済代行サービス を利用しております。
ご注文後、イプシロン決済画面へ移動いたしますので決済を完了させてください。
▼下記のカードがご利用いただけます。
《前払い》コンビニ決済(Epsilon)
コンビニ決済代行のイプシロン株式会社 の決済代行サービス を利用しております。
ご注文後、イプシロン決済画面へ移動いたしますので決済を完了させてください。
なお、払込票番号はイプシロンよりご案内がございます。
▼下記のコンビニがご利用いただけます。